2007年10月26日

MacOS X Leopardがやってきた

Leopard-01.jpg
 予約しておいた「MacOS X Leopard」が9:00には届きました。世界同時発売の開始時間はPM6:00なのに、すでに手にした人は多いのですね。
 ちなみに、パッケージは135mm×135mmの正方形でとてもコンパクト。早速、インストールしてみましたので、まずはその流れから。インストール(新規)に要した時間は、約1時間程度(インストールDVDのチェックはスキップ)でした。

インストールしたマシンは、CPUを換装したPowerMac G4です。
CPU:Dual 1GHz
   2次キャッシュ:256KB
   3次キャッシュ:2MB
メモリ:1.25GB
HDD:40GBのボリュームにインストール
   インストール直後の使用領域は11.39GB

 ザッと使ってみた印象では、動作は重たくもなくサクサク動きます。CoverFlowも問題なし。Leopardは要求するスペックが上がったのでもう少し遅いのかと思いきや、PowePC(Dual CPUではありますが)上でも快適に動きますね。
Leopard-02.jpg
 パッケージの中身は、アップルロゴマークのシールと簡単な説明書、そしてインストールDVDが1枚だけ入っています。

Leopard-03.jpg
 Macを起動してインストールDVDをセットするとこの画面が開きますので、「Install Mac OS X」のアイコンをダブルクリック。

Leopard-04.jpg
 この画面で「再起動」をクリック。

Leopard-05.jpg
 言語の選択画面では「主に日本語を使用する」が選択されていますので、そのまま「→」をクリック。

Leopard-06.jpg
 ようこそ画面で「続ける」をクリック。

Leopard-07.jpg
 なお新規インストールする場合は、「ユーティリティ」メニューの「ディスクユーティリティ」を使えばパーティションの分割やフォーマットができます。

Leopard-08.jpg
 ソフトウェア使用許諾契約の画面が表示されますので「同意する」をクリック。

Leopard-09.jpg
 ここでインストール先の選択です。インストール先のボリュームを選択したら「オプション」をクリック。

Leopard-10.jpg
 インストールオプションは3つ。
・Mac OS Xをアップグレード
 現在使用中のOS Xに上書きインストール。各種設定やファイル、アプリケーションソフトなどはそのまま引き継がれます。
・アーカイブしてからインストール
 現在のシステムを「旧システム」というフォルダにコピーして、Leopardを新規インストールします。必要なデータなどは、インストール後「旧システム」フォルダからコピーできます。
・消去してからインストール
 インストール先に指定したボリュームの内容を完全に削除して新規インストールします。
 オプションを選んだら「OK」をクリックして前の画面で「続ける」をクリック。

Leopard-11.jpg
 この画面で「インストール」をクリック。

Leopard-12.jpg
 前の画面で「カスタマイズ」をクリックすると、オプションのインストール項目を選べます。デフォルトではすべてがインストールされるようです。

Leopard-13.jpg
 インストールDVDのチェックが始まります。しばらく時間がかかりますので、終わるのを待つか「スキップ」でキャンセルもできます。

Leopard-14.jpg
 いよいよインストールの開始です。

Leopard-15.jpg
 インストールが完了すると、再起動してようこそムービーが再生されます。

Leopard-16.jpg
 この画面では「続ける」をクリック。

Leopard-17.jpg
 ここは、好みに合わせて設定して「続ける」をクリック。

Leopard-18.jpg
 他のMacやTime Machineのバックアップから情報の転送が可能です。必要なオプションを選んで「続ける」をクリック。

Leopard-19.jpg
 Apple IDとパスワードを入力して「続ける」をクリック。

Leopard-20.jpg
 Apple IDを入力すると、この画面の情報は入力済みの状態です。間違いがあれば正しい情報に書き換えて「続ける」をクリック。

Leopard-21.jpg
 ユーザー登録の情報を選んで「続ける」をクリック。

Leopard-22.jpg
 ユーザアカウントのユーザ名とパスワードを設定して「続ける」をクリック。

Leopard-23.jpg
 更新したばかりなのに、なぜだかこんな画面が。「アップグレードしない」を選択して進めました。あとから確認したら、.Macは正常に使えました。

Leopard-24.jpg
 「Continue」をクリック。

Leopard-25.jpg
 「Go」をクリック。

Leopard-26.jpg
 美しいデスクトップが表示されます。が、いきなり「ソフトウェア・アップデートがあります」と表示されるので「インストール」をクリック。

Leopard-27.jpg
 Apple Remote Desktop Clientがインストールされました。これで、インストール作業は完了です。



ラベル:leopard
posted by 小野 均 at 10:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。