2007年05月03日

霧舎 巧 傑作短編集(小説)

『霧舎 巧 傑作短編集』
著・霧舎 巧
講談社
ミステリ短編集。
 霧舎 巧氏の長編はすべて読んでいるが、短編ははじめてだ。シリーズ作品の登場人物や、御手洗潔なども登場し、短編でありながら、そのつながりの妙も楽しませてくれた。

 大がかりなトリックのミステリも面白いが、伏線が張り巡らされ、最後にきちんと納得させてくれる作品も読みごたえがある。霧舎 巧氏の作品を読んでいないと面白さは半減するかもしれないが、短編としてしっかり作り込まれている。

ラベル:小説
posted by 小野 均 at 01:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 読んだ・聴いた・観たの足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
繋がりを楽しめました。
トラックバックさせていただきました。
Posted by 藍色 at 2009年10月29日 18:20
藍色さん

トラックバックありがとうございます。
霧舎巧さんとか、二階堂黎人さんとか、有栖川有栖さんとか、綾辻行人さんとか、島田荘司さんとか、このあたりの方の本格推理小説がもっと読みたいと思っていますが、昔のような頻度は出なくなりましたね。少し残念です。
Posted by 風来坊 at 2009年10月29日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

霧舎巧傑作短編集 霧舎巧
Excerpt: 研究会と学園のメンバーが時間軸を超えて登場する新本格ミステリの結晶体。 全六編を収録。冷静沈着かつロジカルな推理ゲームがここにスター...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-10-29 18:05