2013年01月13日

笑うハーレキン(小説)

『笑うハーレキン』
著・道尾秀介
中央公論社

 読売新聞夕刊の連載作品。
・特設ページ
http://www.chuko.co.jp/special/harlequin/index.html
<内容紹介>
 経営していた会社も家族も失い、川辺の空き地に住みついた家具職人・東口。仲間と肩を寄せ合い、日銭を稼ぐ生活。そこへ飛びこんでくる、謎の女・奈々恵。川底の哀しい人影。そして、奇妙な修理依頼と、迫りくる危険―!みんなで逃げ出せ。アクセルを踏め!最後に立ちふさがるのは、アイツだ。
 ハーレキンとは誰だ? アイツの正体とは?


posted by 小野 均 at 22:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 読んだ・聴いた・観たの足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当の自分を受け入れられるかどうかがこの作品のテーマなのではないかと思います。
最初に期待しすぎた感じはありますが、トータルの読後感は満足のいくものでした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2014年05月30日 14:28
藍色さん

お久しぶりです。
優しい視点と仕掛けが道尾秀介氏らしいですね。
Posted by 小野 均 at 2014年05月30日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「笑うハーレキン」道尾秀介
Excerpt: 経営していた会社も家族も失い、川辺の空き地に住みついた家具職人・東口。仲間と肩を寄せ合い、日銭を嫁ぐ生活。そこへ飛び込んでくる、謎の女・奈々恵。川底の哀しい人影。そして、奇妙な修理依頼と、迫りくる危険..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2014-05-30 14:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。