2012年10月11日

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を(小説)

『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』
著・岡崎琢磨
宝島社文庫

 2012年『このミス』大賞の隠し球として編集部が推薦する一冊。
<内容紹介「BOOK」データベースより>
 京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去があり―。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。


posted by 小野 均 at 21:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 読んだ・聴いた・観たの足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

珈琲店タレーランの事件簿
Excerpt:  表紙イラストに半分ジャケ買いした感じの、「喫茶店タレーランの事件簿」(岡崎琢磨:宝島社)。 後の半分の理由は、自分の学生時代の活動範囲とほぼ重なっているところが舞 ...
Weblog: 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
Tracked: 2012-10-20 15:51

小説レビュー〜岡崎琢磨〜『珈琲店タレーランの事件簿』シリーズ80万部突破
Excerpt: 「たいへんよく挽けました」最近コーヒーミステリーの本を読みました岡崎琢磨さんの『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた..
Weblog: Blue Nowhere。.:*・゚嶋津球太の小説レビュー日記.。.:*・゚☆.。.:*・゚
Tracked: 2013-12-23 12:50

京都が舞台のご当地ミステリー「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」岡崎琢磨の小説レビュー
Excerpt: 「たいへんよく挽けました」最近コーヒーミステリーの本を読みました岡崎琢磨さんの『
Weblog: 小説レビュー主体の嶋津球太のブログ
Tracked: 2013-12-23 13:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。