2011年04月25日

先生の隠しごと 僕僕先生(小説)

『先生の隠しごと 僕僕先生』
著・仁木英之
新潮社

 中国冒険ロードノベル、僕僕先生シリーズ第5弾のテーマは、理想と迷いと誘惑。
<内容紹介>
 「我が名はラクス、光の王」――唐の都・長安から遠く離れた辺境に、蛮人たちの理想国家が誕生した。眩いカリスマ性で人々を魅了する、謎の素顔の若き王。彼がプロポーズした相手は、なんと僕僕なのだった。いつもクールな美少女仙人の心が、悲しすぎる愛の記憶でグラグラ揺れる。先生、本気なんですか……。


ラベル:小説
posted by 小野 均 at 01:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 読んだ・聴いた・観たの足跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの王弁が先生の心を青空のある世界へ引き出すのがよかったです。
トラックバックさせていただきました。
Posted by 藍色 at 2012年03月27日 16:49
トラックバックありがとうございます。
仁木 英之氏の作品の中では、このシリーズが一番好きです。毎回楽しませてくれますね。
Posted by 小野 at 2012年03月27日 17:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「先生の隠しごと 僕僕先生」仁木英之
Excerpt: あなたの傷が深いほど、彼の言葉は優しく響く。その名はラクス、見目麗しき光の王―彼がプロポーズした相手は、なんと僕僕なのだった。いつもクールな美少女仙人の心が、悲しすぎる愛の記憶でグラグラ揺れる。.....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2012-03-27 16:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。