2009年05月09日

Internet Explorer 8のカーソルブラウズ

cursor.jpg
 Internet Explorer 8の「アクセラレータ」機能を使うとき、リンク文字の選択は、マウスではとても繊細な操作が必要です。ドラッグしようとしてもクリックとなり、リンク先が開いてしまうことも少なくありません。

 そこで活用したいのが、新しく追加された「カーソルブラウズ」。「F7」キーで有効/無効を切り替えます。有効にすると、ホームペーでマウスをクリックしたポイントにカーソルが表示されます。リンク文字上ではクリックになってしまうので、近くの適当な場所に表示。

 あとはカーソル(「←」「→」「↑」「↓」)キーで自由にカーソルの場所を移動できます。選択したい文字列の先頭(あるいは末尾)にカーソルを移動し、「Shift」キーを押しながら「→」(あるいは「←」)キーで文字を選択します。これなら、リンク文字の途中の文字列を選択しやすく、誤操作で戸惑うこともありませんね。


ラベル:IE8
posted by 小野 均 at 14:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。