2009年03月31日

FSWでスポーツ走行

20090330-01.jpg
 サーキットを走るには、あちこちで開催されている走行会に参加するほか、サーキットのライセンスを取得する方法があります。サーキットでイベントが開催されない日に走行枠が用意され、そこで走行できるわけです。

 僕の場合は、はじめに筑波サーキットのライセンスを取得。しかし走行会で走ることが多く、ほとんど使わなかったため、更新をキャンセル。次に、当時走って楽しいと感じていたもてぎサーキットのライセンスを取得。しかしこちらも、アルファロメオチャレンジへの参戦から使うことがなく、今年の2月の更新をキャンセル。なぜだか、ライセンスを取得すると他の走行会で走る機会が増え、使わなくなる。

 そこで今度は、アルファロメオチャレンジのメイン会場である富士スピードウェイのライセンスを取得しました。ライセンスといっても実技があるわけではなく、2時間程度の講習を受けるだけなので、誰でも気軽に取得できます。

 富士の場合、ライセンスを取得するとスポーツ走行ができるばかりでなく、入場料の1000円が無料になります。また、スポンジバリアやガードレールといったサーキット内の施設を壊してしまうと実費で弁償なのですが、これが1万円で済みます。スポンジバリアやガードレールはシャレにならないくらい高価なので、保険と考えたら入会金や更新料はそれほど高くないかも。

 そして昨日、スポーツ走行に行ってきました。
20090330-02.jpg
 タイヤを新しくし(POTENZA RE-11からNeova AD08)、ブレーキパッドやリアのブレーキローターも交換したので、それらに合わせて足回りのセッティング出しも兼ねての練習走行です。

 昨日は、午後からの30分枠が2本。平日は走行台数も少なく、走りやすい。2本目などは、あの広いサーキットを5〜6台のクルマしか走っていませんでした。さすがに休日は満員のようなので、これからも平日メインの走行になります。

 新しいタイヤやクルマの全体的なバランスがよくなり、ベストタイムを2秒ほど更新。2秒は大きいです。セッティングの方向性も見えてきたので、また近いうちに走りに行きたいと思っています。


posted by 小野 均 at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サーキット走行会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。